立春 フラワーアレンジ

IMG_2426

写真:Oさん作品
立春のフラワーアレンジです
ピンク色は、人がお母さんのお腹なの中で見た色といわれ、人に安心と安らぎを与えてくれます
花材は、ピンク色のスイートピー・ラナンキュラス・SP薔薇・スカビオサ
春めく優しい花々を束ね、テーブルの上に立たせた作品です
この立春とは、(2月4日~8日)
「立」とは、ない状態から生まれる瞬間を指す言葉のようです
春は、自然と季節と暮らす私達に、新しいスタートを感じさせてくれます
また、私は、最近
日本の季節を72候に分けた最初の季節「春」を(東風(とうふう)凍りを解く)と表すと知りました
春風に氷が解けだす頃の意味ださうです
俳句の中には、「東風吹くや 耳現るゝ うなじ髪」杉田久女の句があります
東風と書き(こち)と読み、春風の事です
句の意味は、幼子の髪が春風にそよぎ、小さな耳が現れまっしたという優しい繊細な句です
ふと感じる春の気を見いだす喜び、新しいスタートへの心の高鳴りが、
春の語に込められているようです

[`evernote` not found]
LINEで送る

Posted in 癒しの時間, 花・フラワーアレンジ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です