紫陽花 水揚げ方法

紫陽花2

紫陽花の水揚げ方法
6月は、紫陽花の季節です そこで、紫陽花の水揚げ方法をご紹介します
◆紫陽花は、夜露のある中(夕方)に切り、 まず、[湯あげ]から 

 花を新聞紙で包みます (茎を湯に入れる際、花へ蒸気がからないようにします)
 根元(3cm~5cm)を熱いお湯(80℃を目安)に数十秒入れ 
 お湯に入れた茎の色が、変わったのを見計らい、そのまま冷水に移し入れます
 冷水に30分以上入れた根本の外皮を去り、
茎を二つ割り三つ割りにしてから 再び水に入れて下さい
(下、白い紫陽花の写真)
 翌朝、花を挿す方が、花の水揚げ状態が、安定しています
◆茎の中の白い綿の様なものを取り除く方法
◆[ふか水]と呼ばれる 花を花首まで水に入れる方法
(花が、水風呂に浸かり顔を出しているイメージです)
◆紫陽花の切り口にミヨウバンをぬり、水に入れることで紫陽花の発色も良くなるそうです
身近な紫陽花、人気の花をお楽しみください
おまけ:※お湯の温度、80℃は、日本茶を入れる時の温度
90℃は、紅茶・中国茶を入れるのに適した温度

    水の100℃は、グラグラと煮立った沸騰と呼ばれる温度です 
まずは、湯のみ、カップで花の[湯あげ]を試ししてみては、いかがでしょうか?

     紫陽花の状態によって、水揚げかうまくいく花とそうでない花があります
0さん紫陽花oさん作品

IMG_4458


Posted in 花・フラワーアレンジ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です