ロマンの蓮 大賀蓮

ハス4

大賀蓮
ハス8
緑地美人

ハス2
ハス
アメリカ黄蓮

ハス5

東京大学大学院農学生命科学研究科付属 生態調和農学機構のハス見本園
◆ハスは、4日間咲き、毎日色が変化して行くそうです
◆葉の中央には、食べるレンコンの切り口と同じように空気穴があり、
葉の中央から茎を通して泥の中のレンコンへ空気を循環させています(茎は、エアーパイプ)
雨の後には、葉の中央から余分な水蒸気をはき出しているそうです
◆八重咲きの蓮は、種では育たずに、根で成長して行くそうです
そして、私のおめあては、
大賀蓮の香がするオードパルファム(香水)2160円・ハンドクリーム820円・あぶらとり紙440円
大賀蓮は、1951年、東京大学出身の植物学者大賀一郎博士が、東大大学検見川総合運動場で
2千年以上前の古代蓮の実を3粒発見し、発芽する事に成功させた蓮です
古代の眠りからさめた大賀蓮の神秘的で清らかな香を織り込んだ、東京大学開発商品
ハス6

[`evernote` not found]
LINEで送る

Posted in 散歩道, 癒しの時間, 花・フラワーアレンジ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です