白梅

梅
散歩道の梅の花が、咲きだしました
いつの時代も 花がある、それだけで、ドラマチックに変わる空間、ときめく想いがあるようです

古今集、式子内親王
「ながめつる 今日は昔に なりぬとも 軒端の梅は われを忘るな」という歌があります
きょうと言う日が、昔になっても 軒端の梅の花よ 私を忘れないで下さい
という意味の歌だそうです
「忘れないで」と言われた梅の花、歌人を忘れずに花を咲かせている事でしょうね
花は、言葉なくとも みんなを見守り、応援して咲いているように思える私です
寒さ厳しくなってまいりますが、 どうぞ、みなさま お身体を大事にお過ごし下さい
おまけ:現代の花というと桜の花ですが、平安時代の花と言うと梅の花だったそうです
梅2


Posted in 癒しの時間, 花・フラワーアレンジ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です