「見立て」 チョコっと フラワーアレンジ ペットボトル(27)

黒かご2
 久しぶりにチョコっとペットボトルで花を飾りま
 黒い籠は、お土産のどら焼きが入っていた籠を利用しました
 黒かご1
 材料は、庭の草花とペットボトルです 
 黒かご
 作り方:
 1、ペットボトルの底部分の高さと飲み口の部分を籠の高さに合わせ切ります 
 2、底ボトルの中に飲み口のボトルを重ね合わせます
 3、飲み口(直径2cm)に草花を入れます
 一輪ざしの花瓶の口と変わらない広さなので、少ない草花を立てることが出来ます
 チョコっとペットボトル フラワーアレンジを作ってみました
 おまけ:茶の湯に「見立て」という考え方があります
 単に物を無駄にしないと言うことだけでなく、物に別の命を吹き込み、最後まで生かしきるという含みのある言葉です
 今時の言い方をすると「再利用・リサイクル」と言ったところですね
 例えば、竹は、一輪ざしの花器にしたり、蝋台にしたり、最後は竹炭となり
 そして、焚き火をして暖をとって燃え残った灰は大地に返り、植物の新しい命を生むことになります
 古くなった着物もリメイクで、手さげ袋やブックカバーに形を変えながら使うことが出来ます
 私にとって、「チヨコっと、ペットボトル、何かに生かせないかしら?」は、「見立て」の楽しい作業なんです
 花は、敷居の高いものととらえ、遠慮がちな方もいらっしゃいますが
 まずは、身のまわりのものを「見立て」、クスッと笑顔になれたら嬉しいです

Posted in 癒しの時間, 花 フラワーアレンジ ペットボトル.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です