カラーの花


すっと伸びた茎が美しいカラーは、南アフリカ生まれのサトイモ科です。
カラーの白い襟のように見える部分は、葉が変化した「仏炎苞(ぶつえんほう)」。
花は、中心にある棒状の部分です。(写真:カラーの黄色い花に白い花粉が付いています。)
カラーには、湿地帯で育つ茎のまっすぐなカラーと乾いた土地を好む茎のしなやかなカラーがあります。
カラーをオアシスに挿すときには、茎を輪切りに切り、
オアシスにカラーの茎の太さのくぼみを作ってから挿すと茎が折れずに挿しやすいですよ。
カラーの花言葉:華麗なる美、乙女のしとやかさだそうです。
私が、カラーに魅了される理由は、花言葉にもあるようです。
おまけ:水芭蕉(ミズバショウ)、アンスリウムもカラーの仲間です。

[`evernote` not found]
LINEで送る

Posted in 未分類.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です