2018・生態調和農学機構 観蓮会


花言葉:清らかな心。ハスの英名は、ロータス、インド原産の多年生水生植物。
浄化する力があるといわれるハスは、泥の中からスックと立ちあがり咲き、
葉の汚れも水滴にして洗い流す(撥水機能=ロータス効果)を持つ美しい花です。
泥の中の地下茎は、みんなが食べる穴のあいたレンコンです。
なにより、ハスの清涼感あるうっすらとした甘い香りは、気持ちをスーッとを軽く
してくれるようです。
ハスの花は、開花時に音がするといわれ、東京大学大学院農学生命科学研究所付属
生態調和農学機構のボランティアさん方が調べた結果、音はしなかったそうです。
ハスの開花の音は、心に届く音なき音のようです。心で聴く音なのかもしれません。
写真:東京大学大学院農学生命科学研究所付属生態調和農学機構の無料観蓮会は、
2018.7/21(土)7:00~11:00。駐車場がないので、公共交通機関をご利用ください。
200種近くのハスが、交配しないように大事に育て研究されています。

大賀ハス:昭和26年、東京大学検見川運動場の遺跡後から発見されたハスの実は、
[今から2000年以上前(卑弥呼の時代)]の古代ハスの実でした。
その種を開花させ、現在は、大賀ハスと名付けられ各地で開花に成功しています。

[`evernote` not found]
LINEで送る

Posted in 癒しの時間.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です