記憶に呼びかける オオケタデの花

IMG_0611空き地のオオケタデ(1m~2m)
イヌタデを大きくした花です
花言葉:申し分のない愛らしさ!!!
ピンクの花先を下げる姿が、なんとも愛らしい花です
ほんの少し昔、空き地には
多くの草花が育ち
子供の遊び場や道具になったり
みんなに季節の移ろいを教えてくれていました

子供の頃の
ままごと遊びには、葉っぱのお皿に木の実のご飯を乗せ
草木を集めて、秘密基地を作ったり泥団子作りなどなど ^^
靴や服に泥や汗がつかない日はなかったんじゃないかしら?
私は、
オオケタデの写真を撮ろうと
空き地に踏み入り
土の柔らかさと草の匂いを嗅ぎ 幼い日の記憶を呼び起こされました
懐かしい無邪気な時代です ^^

おまけ:私は、お年を召して施設に入られた方々のもとへ花のレッスンにうかがいます
花に触れる事で、なかなか外出できない方々の記憶や感覚に呼びかけられたらイイな~と思います


Posted in 癒しの時間.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です