ブライダルブーケ

y&m結婚式 (9) y&m結婚式 (10)
共に人生を歩きだした日、sumicaもお手伝いさせていただきました。
運命の人って・結婚って・・・。
きっと、お互いに相手の頑張る姿が自分の事のように嬉しかったり、
なにがあっても応援せずにはいられない、一心同体に思える人。
その人がいてくれるだけで、ポジティブになれる人なのかも。
そして、結婚は、人生修行の場と言った人がいましたよ。
お互い食べ物の味が違う、テレビ番組の好みも違うかも。
今まで暮らした家とは違う家庭習慣に戸惑い、
仕事や家事で疲れてイライラがつのる時もありますが、
結婚(人生の修行場)= 愛を育てる場所だそうです。
二人の人生に美しい愛の花を咲かせて下さいね。
Congratulations on your wedding!

七夕

2017年七夕12017年七夕
七夕の日は、織姫と彦星が、天の川のほとりで逢う約束の日ですね。

晴れていれば、21時頃、東の空に天の川(星の集合体=銀河)、ベガ・こと座=織姫
アルタイル・わし座=彦星、デネブ=はくちょう座を見ることが出来るそうです。
私が書いた短冊のお願いが、叶いますように^^
おまけ:笹と竹は、同じイネ科ですが、別物だそうです。
笹の葉が、サラサラと音おたてて揺れる事から、神様を呼ぶ神聖なものとして扱われているそうです。

 

6月の花たち

2017年6月29日7
ミニバラとシャクヤクの花束は、翌日シャクヤクが開き豪華な花束へシャクヤクマジック。
2017年6月29日5
Vスタイルで、初夏の風をキボウシとモカラ(ラン)の谷に通します。
2017年6月29日10
放射線状に花で広がる空間
2017年6月29日112017年6月29日9

紫色のカーネーション

2017年5月10日
初めての花束レッスン、M様の作品。
今年の紫色のカーネーションは、やや小ぶりの花でしたが、紫色のグラデーションが美しい花ばかりです。
花材は、カーネーション・バラ・白いライラック・ベルのようなベルフラワー。
※グラデーション:色の濃さや明るさ(トーン)の連続的な変化がある様子を言います。

 

東京都板橋区立熱帯環境植物館

sumica5月5sumica5月2 sumica5月1 sumica5月
sumica5月4
sumica5月7sumica5月8
私は、5月の連休に東京都板橋区立熱帯環境植物館
(都営三田線高島平駅、東口下車7分・入館料大人260円)へ行き、
東南アジアの植物とミニ水族館を見て来ました。

見学時間は、1時間程です。私をクスッとさせてくれた熱帯環境植物館です。
2017年5月7日10
2017年5月7日
カラージェリーフィッシュ=クラゲ
2017年5月7日2 2017年5月7日7
2017年5月7日5
2017年5月7日6

クラッシックな色合いの花束

2017年4月25日4
もうすぐ母の日ですね。
私は、クラッシックカラーの花で花束を作ってみました。
暖かく重厚感ある赤紫色のダリア・薄紅茶色のスプレーバラ・サーモンピンクのバラ
魅力的なピンクのバラ・赤茶色のドラセナの葉。

私の母親は、子供がいくつになっても心配の種のようです。
「お母さん、ありがとう、心配をかけて、ごめんなさい」
家の味・習慣・先代の知恵を教えてくれるお母さん、いつまでも、元気でいて下さい。

レッスンの花

2017年3月23日 3月の花4 3月の花2 3月の花5 3月の花112017年3月23日
3月の花3
春の花と言えば、桜・チューリップ・スイートピー・ラナンキュラス…
花があるだけで、部屋の景色が華やぎますね。
私は、花の咲く姿を楽しみに期待し、水が足りているかしらと花を気づかいます。
部屋を出る時、帰って来た時に花を見ては、笑顔になっています。
花は、言葉は無くとも花の命を一生懸命に咲かせ、みんなに元気と癒しを届けているようです。
4月、多くの人が、新しいステージへの旅立ちですね。
季節の変わり目でもあります。どうぞ、ご自愛下さい。
写真:2月・3月のレッスンの花です。自分らしい花の色を探して頂きました。

春を束ねて

2017年2月1日2017年1月30日
春を束ねた細長い花束のレッスンです。ネコヤナギ・チューリップ・菜の花
6枚の花びらを持つチューリップは、日ごとに茎を伸ばし、毎日変わる花の表情も楽しみです。
菜の花のちじれた葉で、折れやすいチューリップの茎をカバーしてもらいました。
2017年1月30日の東京の日中気温は、20度。明日は、10度の予報です。
春の花達も人も気温の差に戸惑ってしまいそうです。

縁起のよい、植物 万両・千両+一両

万両
千両1一両
万両・千両+一両(アリドウシ)
アリドウシの別名は、イチリョウです。アリドウシの鋭い絹針のような細く、長さ1~1.5cm程のトゲが、
小さな蟻も突き通すというとアリドウシです。
アリドウシの読みが、「有り通す」とも取れる事から
マンリョウ・センリョウと一緒に飾られる、縁起のいい植物とされています。
盆栽としても育てられる植物ですが、トゲが鋭すぎるので身近に置くには、勇気がいる植物ですね。
私は、初めてアリドウシを見る事が出来ました。
2017年、マンリョウ・センリョウ+イチリョウ
縁起のいい3種類の植物をそろえ、佳い年になりますように
今年もよろしくお願い申し上げます。

中国から、レッスンにいらして頂きました。

12%e6%9c%884%e6%97%a5%ef%bc%91
おとなりの国、中国から、スミカフローラスクールへレッスンを受けにいらして下さいました。
国によって花・葉の種類や大きさが違います。花を飾るシュチュエーションも異なりますが、
花は、人の心を和ませ、コミニュケーションの媒体となってくれますね。
テーブルの上に飾る花を、少し高さのある花器を使う事でカスミソウの溢れ、揺れるイメージを
レッスンに加えました。
また、枝を使い140cm×60cmの作品作りにも挑戦。
日本に滞在中に、日本の素敵をいろいろを体験してもらいたいです。
上の写真は、参加さんの作品です。