押し花 万華鏡 100円ショップ クリームケース 夏休み工作

万華鏡4万華鏡3万華鏡1万華鏡2

押し花でオリジナル花の万華鏡
材料:ラップの芯(15cm~19cm)・100円ショップのクリームケース3段又は5段
   東急ハンズ万華鏡ミラー150円・折り紙・折り紙を貼る糊・ミラーをつなぐテープ
   万華鏡の底には、太陽光が、目に直接入らないように白いキャップを用意しました
作り方:
1、ラップの芯(15cm~19cm)に、お気に入りの折り紙やシールを張る
2、万華鏡ミラー板を三角柱にテープで貼り合わせる
  (万華鏡ミラーは、ハサミで簡単に切れ、長さが調節出来ます)
3、押し花は、傷つきやすいので、花の裏にクリアーテープを貼り、花びらを保護
  ケース内で、花の動きが大きくなるように 1ケースに花を1コ・葉を少し入れました
4、プラスチックは、熱に弱いので、たばこの火をかりて見る穴をあけました
  (プラスチックが、見る穴の大きさに丸く黒く焦げ出したら、丸箸で穴をあけました )
  穴の大きさは直径1cm、時間はかかりますが、お線香を束ねた火でも可能です
  見る穴ケースの内側にも、折り紙を貼ります
5、ラップの芯にクリームケースを接着
(クリ―ムケースつなぎ目の凹凸サイズの違いを確認してラップ芯に接続)

6、白いボトルキヤップを底に貼り完成です
※ケースの中身を交換出来るもの楽しみの一つです
(種を入れても面白いかもしれません、お勧めは、ハートマークの風船カズラの種 ^^)
子供花教室、私のアイデア花の万華鏡 夏休みの工作にいかがでしょうか

 

ネジバナ 小さなランの花

ねじりそう1

 

写真:古今集にも詠まれた花、ネジバナ、別名モジズリです (ラン科ネジバナ属)
紐を真直ぐにねじったような茎、らせん状に咲く小さな花、
花丈は、 10cm~30cmぐらいの楚々とした野に咲く花です

ネジバナは、芝生の間に生えていたり 雑草と思われがちですが、花を拡大して見ると、たしかに蘭の花です!
(花に付く2~3mmのアブラムシさえも 大きく見える小さなネジバナの花です)
きょうは、ネジバナを植木鉢で育てている、お宅を拝見しました   とても、素敵ですよね ^^
古今集・河原左大臣の歌 「みちのくの しのぶもじずり だれゆえに 乱れむと思う わがならなくに」
(しのぶもじずりの織物模様の様なネジバナ、私の心は、誰のせいでネジバナのように乱れてしまうのかしら)
という歌のようです
私は、ピンクのネジバナが、女子の長い髪をクルクル巻いた縦ロール髪にも似て見えますとっても、愛らしい花です ねじりそう2 ねじりそう

バラ と 星の王子さま

佐々木さん2

星の王子さまに登場するようなバラ
Mais a elle seule elle est plus importante ue vous toures puisque cest elle quejai rosee.
「あの一輪の花が、ぼくには、なによりも大切なんだ、ぼくが水をかけた花なんだから」
星の王子さまの1フレーズ、胸がキュンとしてしまうフレーズですね
「砂漠が美しいのは、どこかに井戸を隠しているから…」というフレーズもあります
星の王子さまの物語では、 絆や愛・happyは、目には見えないもの
しかし、それらは、唯つ心で感じることができるものだと
そして、絆や愛・happyは、時間をかけて自分達の手で作るものとも書いてあるようです
物語の最後は、 王子さまとパイロットが、井戸を探し歩き、井戸を見つけるというお話しです
学生時代は、挿絵を可愛く思っていましたが、今は、物語も大好きです
さて、みんなのバラは、どんなバラの花でしょうか?  

マリー・アントワネットの髪飾り ジャガイモの花

ジャガイモの花

ジャガイモの花2

写真:農家さんの畑のじゃがいもの花 
我が家のきょうの夕飯は、じゃが芋料理に決まりです
驚くことに、
フランス国王ルイ16世妃マリー・アントワネットは、ジャガイモの花を好んで髪飾りに付けていたそうです
マリー・アントワネットは、フランス国民の飢餓を救うため、じゃが芋のキャンペーンに一役かったようです
王妃の髪飾りは、じゃが芋の花! ジャガイモの花は、髪に挿しやすそうですね ^^

なんの花?

IMG_4746

なんの花? 
冬に赤い実を付け、葉は、お赤飯の上に飾る木の花、南天(ナンテン)の花です
南天の葉には
微量のシアン化水素が含まれていますが、危険は無く逆に食品の防腐に役だっているそうです
音が、「難を転じる」に通じる事から、無病息災・厄除けの木、縁起の良い木と言われています
一週間の始まり、明るく元気に行ってらっしゃい  私も行ってきま~す

バラを咲かせる(1)

5,14バラ

写真:私のお気に入りのバラ
バラ:バラの形成は、低木、60cmから腰の高さが、育てやすく扱いやすいサイズ
   つる性のバラは、一株で180cm×180cm位まで つるをはわすことが出来るので
   バラをはわせる為のフェンスを立ててからバラを植えるといいそうですよ
   (バラは、日当たりが良く、風通しが良い場所を好みます)
バラの香・色・花びらの巻き方・花びらの形(剣のように尖ったもの、丸い花びらなど)
バラの魅力をたっぷり味わいたい季節です
おまけ:バラを病虫害から守る植物は、食用のニラと人生の先輩から聞きました
バラの近くに食用のニラ少しだけ植えてみては、いかがでしょうか
ニラは、生薬、人も元気にする植物ですね
ニラの香成分のアリシンやニラが健康に育つ土は、元気なバラを咲かせ、守る 目安なのかもしれません

5,14バラ15,14バラ35,14バラ2

ワイルドストロベリー

写真:ワイルドストロベリー(四季咲き)5.12
ヨーロッパでは、Lucky&love(幸運と愛)
アメリカでは、Miracle(奇跡)と呼ばれ
世界中で愛されているハーブです
WEDGWOODの食器にも描かれている、
あのイチゴです
庭でいつの間にか増えていました ^^
じつは、
みんなも食べている、イチゴの赤い実は、
鳥や動物に見つけてもらいやすいよう
イチゴの種と一緒に食べさせる役割の
茎の先が大きく膨らんだ「偽果(擬果)」

本物のイチゴの実は、
ツブツブで、ツブツブの実の中心に
があるそうです!
(私は、小学生のTちゃんから教わり、
急いで検索しました
そ~だったんだ~ 「イチゴのツブツブが、種」
なんて言ってしまい ごめんなさい
栄養は、
いちご2粒でレモン1個分のビタミンCが含まれ
まさに、Lucky&love(幸運と愛)、
Miracle(奇跡)のワイルドストロベリーです

私は、庭のワイルドストロベリー赤い実を見つけhappy
5.12.イチゴjpg

スズラン 幸福を呼ぶ

スズラン1写真:朝日を浴びたスズランです
フランスでは、5月1日にスズランの花・花束を贈られた人は幸福になるという言い伝えがあります
幸せを呼び寄せるベルの様な花、スズランをお部屋に飾ってみてはいかがでしょうか?
私も庭のスズランを1輪、テーブルに飾ります

 

魅力 モッコウバラ

モッコウバラ2

 

写真:モッコウバラ(木香薔薇) トゲがなく、早咲き性のつるバラ 病害虫に強く成長が早い魅力のバラです。
4月中旬頃から、黄色のモッコウバラが咲きだし、黄色のモッコウバラを追いかけるように白いモッコウバラが咲きだします
白いモッコウバラは、イングリッシュローズに負けない甘い魅力の香りを放ちます
(黄色のモッコウバラは、ほとんど香りがありません)

先日、「庭のモッコウバラを部屋に飾りたいけれど、水が下がりやすい」と相談を受けたので、お答えしますね^^
◆ 新しい緑の枝は、水が下がりやすいので、
1
年前の茶色いしっかりした枝に咲くモッコウバラを生け花として使うと良いようです
(5月は、枝物が、成長時期だけに多くの水を必要とするので 切り花として使うのが難しいそうです)花の先輩より

◆枝や花を切る時間は、朝
◆葉を出来るだけ取り除き、水下がりを防ぐ

◆切った枝は、水をたっぷり入れたバケツの中で一休みさせてから、使います
◆私が、花展で使った切り枝のモッコウバラは、6日程持ちました(蕾を開花させるまでには、難しかったです)
どうぞ、曲線の枝・親指ほどの愛らしい花・香りなど、モッコウバラの魅力をお楽しみ下さい
モッコウバラ1モッコウバラ

 

フラワーアート アワード 2015 入賞

2015
六本木ミッドタウン
フラワーアート アワード 2015
(2015年4月22日~26日)
“Laurent.B Bouquetier Cup”

私の作品「心・The heart and mind」
準グランプリに選ばれました 

上に飾った花束は、
喜怒哀楽と揺れ・波打つ心

下の花畑は、心の底にある静寂と優しさ
動かぬ愛・志をバラの花で表現しました

私は、テーマの禅(zen)とは、なにか?
に始まり、
デザイン画を書いたものの、
さて、
花を飾る台をどう作ろうか?と悩みました

スタートは、花台の強度と軽さ・
会場に持ち運びしやすく作る事・
図面と実物の視覚の違いなど

方眼用紙、段ボール紙で模型作りから
花の曲線には モッコウバラを選び
六本木ミッドタウンを訪れた人達に
花を見て嬉しくなってもらえるよう

花畑には、レンゲの花やスズラン
ラベンダー・ニラの花・たつなみ草など

日替わりで仲間になってもらいました

そして、花屋さん、草花を分けて下さったり 花台作りを手伝ってくれたご近所さん
私の作品を、入賞させて下さった審査員の先生方に感謝しています ありがとうございます

2015.22015.1