りんご パワーUP おまじない

IMG_1717りんごを食べると…
りんごの赤い色には、心と体を元気にしてくれる ポジティブなパワーがあります
赤色は、 内に秘めた情熱を刺激したり、前向きに行動するエネルギー・筋肉や血液に直接働きかけ、
血行促進や代謝を高める力があり、勇気が欲しい時や健康な身体作りに りんごが、お勧めです
受験会場に向かうお子さんや大切なプレゼンテ―ションの前に、赤いりんごを食べて、お腹の中からパワーUP
きょう、
私もFM西東京の出演前に、赤いリンゴを食べて出かけました  放送後、私の頬は、真っ赤なりんご色になっておりました 
写真:FM西東京からの帰り道、東京大学大学院農学生命科学研究科付属生態調和農学機構内で 菊の花束とサツマイモを買って帰宅
昔は牛も飼育され、牛乳を生産し“東大牛乳”として販売されていたそうです!! 
なんだか、頭がよくなりそうな牛乳ですね^^ IMG_1715IMG_1716IMG_1714

世界初公開!光る花トレニア(夏スミレ)

海のプランクトンの蛍光タンパク質をトレニア(夏スミレ)に導入した“光る花”を
東京上野公園・国立科学博物館で 見て来ました(2015.2.22迄公開)
光るマユ・シルク・鉱物・貝など、みんなに新しい生活を提案してくれそうです!!!
IMG_1540
IMG_1537IMG_1536IMG_1533IMG_1534IMG_1530IMG_1527

花と宝石

IMG_1135
やはり、女性にとって 花や宝石は、
輝きを増す アイテム
かもしれません?^^
写真:イブ・ピアツェ
(ピンク紫色のバラ・甘い香り)
私は、スリランカへ植物の勉強に行き
このバラの色と同じ色の宝石を見ました
その宝石は、ピンクスターサファイア
優しく柔らかなピンク色の表面に
6条の星が静かに光る石です
スリランカの宝石店で石を眺めながら
どれもピント来る石がないと店主に話すと

裏からひとつのピンクスターサファイヤを出してきてくれました!!
この、ピンクスターサファイヤは 誠実な愛のお守り・勝利の石・女性を幸せに導く石だと最近、知りました!!!
(ピンクスターサファイヤを見るだけで満足し、帰国した私です…)
私は、イブ・ピアツェを抱きしめ、あの石と同じ効果があるような気がしています ^^
おまけ: サファイアは、9月の誕生石・ 目標を達成するために自分を強くしてくれる石だそうです
また、中でも、「サファイアの王」と呼ばれる“パパラチア”は、高価な宝石として人気があります
オレンジとピンクが混ざり合った神秘的な色・ダイヤモンドに次ぐ硬度があり
大変稀少な石で、スリランカ産のみと限定されています ※サファイアは、加熱処理・非加熱があるので確認して下さいね

カサブランカの球根が、イチ押し ^^

IMG_1086                                          写真:カサブランカ(ユリの女王)
高貴な白さと、気品ある甘い香りの花、カサブランカの球根の植え付けは、10月~11月です
自分で植えたカサブランカの開花は、格別な喜びと香です ^^
高価な花だけあって、球根もそれなりの値段ですが、
白い手のひら程の大輪の花と甘い香りは、上質な時間をみんなに届けてくれます

カサブランカの球根は、耐寒性があり、丈夫で育てやすく植木鉢や地植えで育てる事が出来ますよ
球根の3倍の深さに埋めて、花の重たさに耐えるよう茎に支柱を添えます、開花は、6月~8月です
私は、カサブランカの球根をプランターに植え、2年楽しめました

3年目以降は、茎も細くなり咲かなくなってしまったんです
今年は、新しいカサブランカの球根を植えてみようと思います  強くて育てやすいカサブランカの球根は、お勧めです ^^
※(八重のカサブランカも登場し、より華やかさを増しています)

笠間焼・花器作り

IMG_0934IMG_0939 久野陶園は、
江戸時代の安永年間
(1772~1780)から続く
茨城県・
笠間焼発祥の窯元
私の考えた
花器の デザインをもとに
14代目・慶子さん
技をかり
花器作りに出発です

私は、 ロクロに初挑戦し
IMG_0945 ロクロの上の土に、 私の心の緊張や乱れを読まれ
ヘナヘナな形になってしまいます (アララ…)^^
そこで 、
慶子さんの熱心な指導を受け、器の形にする事が出来ました ^^
自然体でいる事が、如何に難しいかと知った私です ^^
花器が、焼きあがるのが楽しみです
私にとって 久野陶園は、先代(慶子さんのお父様)から縁のある場所
笠間焼の魅力は、 気取りのない美しさと手の中にしっとりと馴染み
いつまでもそばに置いておきたくなるところです
どうぞ、
秋の行楽シーズン、笠間市を訪れてみて下さい
昔と今が交差する久野陶園、お勧めスポットです

記憶に呼びかける オオケタデの花

IMG_0611空き地のオオケタデ(1m~2m)
イヌタデを大きくした花です
花言葉:申し分のない愛らしさ!!!
ピンクの花先を下げる姿が、なんとも愛らしい花です
ほんの少し昔、空き地には
多くの草花が育ち
子供の遊び場や道具になったり
みんなに季節の移ろいを教えてくれていました

子供の頃の
ままごと遊びには、葉っぱのお皿に木の実のご飯を乗せ
草木を集めて、秘密基地を作ったり泥団子作りなどなど ^^
靴や服に泥や汗がつかない日はなかったんじゃないかしら?
私は、
オオケタデの写真を撮ろうと
空き地に踏み入り
土の柔らかさと草の匂いを嗅ぎ 幼い日の記憶を呼び起こされました
懐かしい無邪気な時代です ^^

おまけ:私は、お年を召して施設に入られた方々のもとへ花のレッスンにうかがいます
花に触れる事で、なかなか外出できない方々の記憶や感覚に呼びかけられたらイイな~と思います

仲秋の名月・ハランの葉でテーブルコ―ディネート

IMG_0644仲秋の名月(2014.9.8)は、お月さまを愛でる日です
ハランの葉で、テーブルコーディネートをしてみました ハランの茎をハランの葉の先に刺し 葉っぱのお皿を作ります
月見団子を飾り 月夜の宴の一品です ススキなど添えると風情が、さらにUPします
(私は、ススキの穂が飛ばないようにススキの穂の開き加減で、ヘアースプレーする時もあります
水揚げは、ススキの枝の切り口を酢に1分程つけてから、いけるとイイですよ)
お団子の並べ方は、下段3×3,中段2×2、上段は、縦に2コ(計15個)(※横2コになると仏事になるそうなので注意して下さいね)

お月見、この国の風雅な心を、子供達に伝えたいです 部屋の照明が、満月のようにお盆に映ってくれました ^^
写真;左・ハランの種(実の中)、右・ハランの実
月見団子の作り方:上新粉(うるち米を加工した粉)に水を加え、団子にしたら沸騰した湯に入れ2分位煮て水で洗い完成
砂糖を少しまぶしても美味しです
1・ゴマ団子:胡麻と砂糖を混ぜ、団子にまぶす
2・みたらし団子:砂糖+醤油+酢を数滴+水ときカタクリ粉を沸騰させ タレを作り、団子にからめる
3・あん団子:私は、市販のあん缶づめを火にかて 水分を飛ばし団子につけます
気の早いブログになりましたが、みんなの簡単おやつやお月見の参考になったら嬉しいです

Img_0639 IMG_0634IMG_0633

ミント+ステビア+レモンマートル

IMG_0541 夏の朝、甘さと清涼感のあるフレッシュ ハーブティー お目覚めのお茶です
ミント+ステビア+レモンマートルの葉や5cm程の茎を摘み
カップに入れお湯を注ぎます
お湯を注いだ後、氷を入れてアイスティーにしても美味しいです
私は、はじめてステビアを買いました
お湯の中で甘さが広がり、甘い飲み物になります噛むと砂糖の味です!!
そして
ミントの清涼感とレモンマートルのレモンの香りが
相まって 朝の目覚めを爽やかにしてくれる飲み物です
また
甘いものを控えている人には、ステビヤの葉を一枚噛むだけで
嬉しい甘さを感じる事が出来ます

ぜひ
ミント+ステビア+レモンマートルの組み合わせの味をお楽しみ下さい
IMG_0536IMG_0537IMG_0542


 

真夏の夜の動物園

IMG_0502 IMG_0515
2014年8月9日~17日、上野動物園は、20時まで開園!!
夕暮時の動物達は、日頃、みんなに見せない顔を見せてくれていました
夕食をとる動物や吠えるライオン、ガラス窓にのしかかるトラ、立ったまま寝ているペンギン?
不忍池のテラスでは、アルコールも販売され、大人も子供も真夏の夜を楽しんでいました^^
私は、2時間半かけて 夜の動物園内を巡り 綺麗で動物達を身近に見やすく紹介している上野動物園に感心しました
無邪気な、あの頃に戻れる癒しのスポットですよ
入園料:大人600円、65歳以上300円・中学生200円
小学生以下、都内在住の中学生以下は無料、※9月15日(敬老の日)は、60歳以上無料

五感を磨いて、病気予防

IMG_0497散歩道のイチジクが、甘い香りを放っていました
空の雲が、入道雲から秋の雲へと姿を変えようとしています
風鈴を鳴らす風も、秋の訪れを知らせているようです
みんなは、どんな事を感じているかしら?
もうすぐ松茸が、出回る時期?
  五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)を通じて
日々の楽しみや喜びを忘れないようにしたいです ^^

そして五感の中でも、臭覚の衰えは、認知症の初期症状らしい!
アルツハイマーの初期段階では、左半球に臭覚皮質の異常が起こり
左鼻の匂いを感じる機能が低下するそうです!!

アメリカ・フロリダ大学研究者の“ピーナッツバターの匂い感知実験”によると
鼻横にピーナッツバターを置き、ピーナッツバタの匂いを感じる距離が
10cm以下だと、病気の初期症状だとか!(健康な人の平均は、27cmだそうです)
また
臭覚は、意識して生活することで脳の海馬にダイレクトに作用し
回復・再生出来る感覚だそうです
五感を磨く事は、心の潤いだったり、病気予防のはじまりのようですね
どうぞ、みんなが、健やかに過ごせますように 残暑お見舞い申し上げます
写真:美味しい野菜を楽しく食べたくなり、野菜のバスケットを作ってしまいました^^