記憶に呼びかける オオケタデの花

IMG_0611空き地のオオケタデ(1m~2m)
イヌタデを大きくした花です
花言葉:申し分のない愛らしさ!!!
ピンクの花先を下げる姿が、なんとも愛らしい花です
ほんの少し昔、空き地には
多くの草花が育ち
子供の遊び場や道具になったり
みんなに季節の移ろいを教えてくれていました

子供の頃の
ままごと遊びには、葉っぱのお皿に木の実のご飯を乗せ
草木を集めて、秘密基地を作ったり泥団子作りなどなど ^^
靴や服に泥や汗がつかない日はなかったんじゃないかしら?
私は、
オオケタデの写真を撮ろうと
空き地に踏み入り
土の柔らかさと草の匂いを嗅ぎ 幼い日の記憶を呼び起こされました
懐かしい無邪気な時代です ^^

おまけ:私は、お年を召して施設に入られた方々のもとへ花のレッスンにうかがいます
花に触れる事で、なかなか外出できない方々の記憶や感覚に呼びかけられたらイイな~と思います

仲秋の名月・ハランの葉でテーブルコ―ディネート

IMG_0644仲秋の名月(2014.9.8)は、お月さまを愛でる日です
ハランの葉で、テーブルコーディネートをしてみました ハランの茎をハランの葉の先に刺し 葉っぱのお皿を作ります
月見団子を飾り 月夜の宴の一品です ススキなど添えると風情が、さらにUPします
(私は、ススキの穂が飛ばないようにススキの穂の開き加減で、ヘアースプレーする時もあります
水揚げは、ススキの枝の切り口を酢に1分程つけてから、いけるとイイですよ)
お団子の並べ方は、下段3×3,中段2×2、上段は、縦に2コ(計15個)(※横2コになると仏事になるそうなので注意して下さいね)

お月見、この国の風雅な心を、子供達に伝えたいです 部屋の照明が、満月のようにお盆に映ってくれました ^^
写真;左・ハランの種(実の中)、右・ハランの実
月見団子の作り方:上新粉(うるち米を加工した粉)に水を加え、団子にしたら沸騰した湯に入れ2分位煮て水で洗い完成
砂糖を少しまぶしても美味しです
1・ゴマ団子:胡麻と砂糖を混ぜ、団子にまぶす
2・みたらし団子:砂糖+醤油+酢を数滴+水ときカタクリ粉を沸騰させ タレを作り、団子にからめる
3・あん団子:私は、市販のあん缶づめを火にかて 水分を飛ばし団子につけます
気の早いブログになりましたが、みんなの簡単おやつやお月見の参考になったら嬉しいです

Img_0639 IMG_0634IMG_0633

一夜かぎりの花(キカラスウリ)

img_0549[1]img_0553_2[1]

夏の夕暮れとともに咲きだし
夜のとばりの中で、真っ白な綿の繊維をひろげたように咲く 夏の夜花、写真は キカラス瓜の雄花です
開花は、一夜かぎりで翌朝には萎んでしまいます(ウリ科のつる性植物、雄雌異株、葉は、ハート型です)

◆雄花は、一か所から複数の花芽を付け、花芽が、次々に開花し、数日間にわたり花を開かせます
◆雌花は、一か所から、ひと花の場合が多いそうです(どうやら、雌花は、木の高い場所にあり、写真がうまく撮れませんでした)
つぼみの時から、子房(花柱の下にある膨れた実になる部分)がある雌花、 雌花らしい花芽を見つけたのでUPしてみました
私は、ここ数日、懐中電灯を持って、一夜限りの花のもとに通っています ^^
おまけ:カラス瓜は、秋になると親指ほどのオレンジ色の実を付け 実は、フラワーアレンジに使ったりできます RIMG0207

img_0555_2[1]img_0566[1]

ミント+ステビア+レモンマートル

IMG_0541 夏の朝、甘さと清涼感のあるフレッシュ ハーブティー お目覚めのお茶です
ミント+ステビア+レモンマートルの葉や5cm程の茎を摘み
カップに入れお湯を注ぎます
お湯を注いだ後、氷を入れてアイスティーにしても美味しいです
私は、はじめてステビアを買いました
お湯の中で甘さが広がり、甘い飲み物になります噛むと砂糖の味です!!
そして
ミントの清涼感とレモンマートルのレモンの香りが
相まって 朝の目覚めを爽やかにしてくれる飲み物です
また
甘いものを控えている人には、ステビヤの葉を一枚噛むだけで
嬉しい甘さを感じる事が出来ます

ぜひ
ミント+ステビア+レモンマートルの組み合わせの味をお楽しみ下さい
IMG_0536IMG_0537IMG_0542


 

チョコっと、ペットボトルアレンジ(15)

IMG_0534 写真:携帯スタンドとペン立て

手に馴染むペットボトルならば、
携帯電話・スマートホン他とも 相性がイイと思い作ってみました
製作時間5分、ペットボトルを切って重ねるだけで出来上がりです
私は、携帯を探し“ あれ!どこだっけ?” を言わないですみそうです
1、ペットボトルの高さを半分に切り 携帯を収める溝を作り
ペットボトルの両サイドを 三角に切り取ります

2、写真左の三角部分と 携帯を止める曲りを残し 真直ぐな面を切り離します
※ボトルの底の中央凸があるので 写真下(中央)に ほんの少し凹カーブを付けました
3、三角の壁になる部分に 真直ぐな面をスライドさせます
ペットボトルの四隅のカーブが 上手く ペンたての空間を空けてくれました
おまけ:ペットボトルにマスキングテープ シール・写真・クロスを貼ったり
ペンの替わりにドライフラワーを 飾っても楽しめます
ペットボトルを切る時は、怪我を しない様に注意して下さい
各機種に対応可能なスタンド&電話が手に取りやすいです^^

 IMG_0530IMG_0531IMG_0532IMG_0670

真夏の夜の動物園

IMG_0502 IMG_0515
2014年8月9日~17日、上野動物園は、20時まで開園!!
夕暮時の動物達は、日頃、みんなに見せない顔を見せてくれていました
夕食をとる動物や吠えるライオン、ガラス窓にのしかかるトラ、立ったまま寝ているペンギン?
不忍池のテラスでは、アルコールも販売され、大人も子供も真夏の夜を楽しんでいました^^
私は、2時間半かけて 夜の動物園内を巡り 綺麗で動物達を身近に見やすく紹介している上野動物園に感心しました
無邪気な、あの頃に戻れる癒しのスポットですよ
入園料:大人600円、65歳以上300円・中学生200円
小学生以下、都内在住の中学生以下は無料、※9月15日(敬老の日)は、60歳以上無料

五感を磨いて、病気予防

IMG_0497散歩道のイチジクが、甘い香りを放っていました
空の雲が、入道雲から秋の雲へと姿を変えようとしています
風鈴を鳴らす風も、秋の訪れを知らせているようです
みんなは、どんな事を感じているかしら?
もうすぐ松茸が、出回る時期?
  五感(視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚)を通じて
日々の楽しみや喜びを忘れないようにしたいです ^^

そして五感の中でも、臭覚の衰えは、認知症の初期症状らしい!
アルツハイマーの初期段階では、左半球に臭覚皮質の異常が起こり
左鼻の匂いを感じる機能が低下するそうです!!

アメリカ・フロリダ大学研究者の“ピーナッツバターの匂い感知実験”によると
鼻横にピーナッツバターを置き、ピーナッツバタの匂いを感じる距離が
10cm以下だと、病気の初期症状だとか!(健康な人の平均は、27cmだそうです)
また
臭覚は、意識して生活することで脳の海馬にダイレクトに作用し
回復・再生出来る感覚だそうです
五感を磨く事は、心の潤いだったり、病気予防のはじまりのようですね
どうぞ、みんなが、健やかに過ごせますように 残暑お見舞い申し上げます
写真:美味しい野菜を楽しく食べたくなり、野菜のバスケットを作ってしまいました^^

つぼみは、ほうれん草の鉄分20倍

IMG_0489
金針菜(きんしさい):ユリ科のワスレナグサ属の金針菜のつぼみ 入り“ スイトン ” です
金針菜は、ほうれんそうの20倍の鉄分とミネラルを含む食材(薬膳)で  鉄分は、神経を安定させる効果があります
夏の暑さで頭が、ボーッとしているとか、元気がない方は 、もしかすると、鉄分不足かもしれませんよ
スイトンは、小麦粉に水を加え、耳たぶの硬さに練り 熱い汁に入れ煮た、小麦粉団子汁です
69年前
この国の食糧事情の悪い時代に 多くの人が、家々の食材や味を工夫して“スイトン”でお腹を満たしたと 母から聞きました
そこで、私の8月15日のお昼ご飯は  写真:金針菜(きんしさい)入り “スイトン” を作りました
2014年、この国の食品廃棄量は世界でも上位だそうです!!
私は、バランスのとれた食材を選び、捨てることなく 元気な体を作る工夫をしたい昨今です
おまけ:乾燥した金針菜を30分水で戻し、だし汁で煮ました
小麦粉と卵を混ぜた団子、スイトンは、受験生のお夜食、育ち盛りの子供のおやつにイイですよ

IMG_0443

small gargen(苔の小庭)

IMG_0443写真:sumicaのsmall gargen
サイドテーブルの上に苔庭!?
sumicaのアクセサリー置き場です
私のアクセサリーへ 休息のスペースなんです
真珠のネックレス・イヤリングを苔マットから生えたグラスにかけ、貝のお皿に指輪を置きます
ときどき
グラスに水をはり、キャンドルを浮かべたり、ポプリ(アロマの香を付けたドライフラワーを入れたり
25×25cmの small gargenは、私をクスッとさせてくれます
満月の日には、月の光の下に飾り 小さな小さな庭を楽しみます
おまけ:イヤリングは、女性をHAPPYにするそうです
耳たぶよりも耳の付け根にイヤリングを付ける事で、耳たぶが上がり、ふっくらとした福耳になり
イヤリングを落としにくくなります
三重県伊勢湾の真珠屋さんが、教えてくれました^^

 

 

心の色

IMG_0352
写真:プリザーブドフラワー、生花を漂白して、色を染めた枯れない花、魔法の花です
参加者各自が、好きな色のバラを選び作った作品は、どの作品も素敵です
自分の心に映る花色を選び、その花に添わせる花を選ぶ
寄り添う花達は、みんなの気持ちや、みんなの心にメッセージを奏でているようでした
例えば、 赤紫のバラは、青バラと添えば、大人っぽく落ち着いた組み合わせになり
赤紫のバラが、黄色のバラに添えば、かわいらしく表情を変えます
青バラと黄色のバラは、より艶やかに映り出します 

フラワーアレンジの楽しみは、自分らしく自分に素直になって表現すること
寄り添う花々が、互いの美しさを引き出し、引き立て合う姿が魅力ですね^^
おまけ:プリザーブドフラワーは、湿気・日光に変化を起こすデリケートな花です
    濃い染色の花を使う時、隣り合った花に色移りする場合があるので
    アーティシャルフラワーを使い、プリザーブドフラワーをフォローしました