白梅

梅
散歩道の梅の花が、咲きだしました
いつの時代も 花がある、それだけで、ドラマチックに変わる空間、ときめく想いがあるようです

古今集、式子内親王
「ながめつる 今日は昔に なりぬとも 軒端の梅は われを忘るな」という歌があります
きょうと言う日が、昔になっても 軒端の梅の花よ 私を忘れないで下さい
という意味の歌だそうです
「忘れないで」と言われた梅の花、歌人を忘れずに花を咲かせている事でしょうね
花は、言葉なくとも みんなを見守り、応援して咲いているように思える私です
寒さ厳しくなってまいりますが、 どうぞ、みなさま お身体を大事にお過ごし下さい
おまけ:現代の花というと桜の花ですが、平安時代の花と言うと梅の花だったそうです
梅2

春の花 ラナンキュラス

ラナンキュラス
紫色のラナンキュラスを見つけました  私は、紫色のラナンキュラスを初めて見ました
春の花 ラナンキュラス(キンポウゲ科)は、 紙(パラピン紙)のように薄い花びらを幾重にも重ねた花です
名前の由来は、ラナンキュラスの葉が、蛙の足に似ている事から、ラテン語の蛙を意味する“ラナン”と付いたそうです!
そして、ラナンキュラスの花言葉は、“魅力的な美しい人格・光輝を放つ” など、素敵な花言葉を多く持っています
ラナンキュラスは、丸いつぼみが開くと、つぼみの倍程に咲きます つぼみが、開くのが楽しみな花なんです
まさに
春の花 ラナンキュラスは、魅力的な美しい人格の人へ ピッタリなプレゼントの花です
おまけ:ラナンキュラスの花言葉、赤:あなたは魅力的、白:純白、黄色:優しい心、ピンク:飾らない美、
オレンジ:ひかえめの美
と検索出来ました
しかし、写真の紫色のラナンキュラスの花言葉は、見当たりませんでした

もしかしたら、“魅力に満ちている” となるのかもしれませんね ^^
素敵な春の花、ラナンキュラスです

お正月

正月円
明けましておめでとうございます
私の2016年、輪・和のフラワーアレンジです
聖徳太子の憲法17条「を以て貴しと為す」  (わをもってとうとしとなす)とあります
公正な議論を持って和合し、人々が仲良くする事が大切という一節
また、みんなが、手をつなぎ合う「輪」・腹を割って話す「」・「」は、満の始まりのようです
どうぞ、みんなにとって佳き年でありますように
本年も宜しくお願い申し上げますでござる